どうも。ギター講師の澤田です。

クリスマスも過ぎ、もう完全に年末モードですね。

正月は飲んで食ってギター弾いてって感じかなぁ。

 

バンド全体での共通な事ってなんだかわかりますか?

ドラムにコードとか音階とかは関係ないですよね?

 

そう、

バンドの中で共通な言葉は「リズム」

なんです。

つまりリズムがよければ良いバンド、悪ければダメなバンドという事になります。

 

ではどうしたらリズムを良くできるでしょうか?

 

これは

絶対的に「メトロノームを使って練習する」

以外にありません。

 

ただやみくもにメトロノームを使ってもある程度までしか向上しません。

バンドの中でリズムは「誰かに合わせるのはなく、一人一人がしっかりとしたリズムを出す」

ということが必要だからです。

 

ではどうしたら安定したリズムが出せるのか?

 

まずメトロノームと楽器(ボーカルの人は無くてもかまいません)を用意する。

次に何かの曲の1部分を普通にメトロノームに合わせて弾く。

この時点で上手く合わせられない人はまずこれをしっかりと練習しましょう!

弾く曲のテンポがいくつか?を知る事も大切です。

リズムに弱い人はこれも上手くいかないとおもいます。

 

今のメトロノームはほとんど電子のもので音量なども自由に変えられます。

テンポに合わせて叩くとテンポが表示されるものもあるのでそれを使うのでもかまいません。

 

ある程度、普通にメトロノームに合わせられるようになったら第2ステップです。

今度は今練習したテンポの半分にメトロノームを設定します。

テンポが120なら60に、ということです。

通常の曲のほとんどは4拍子です。

第2ステップでは、メトロノームを鳴らしてそれが2拍目と4拍目に聞こえるように自分で

「ワン・トゥー・スリー・フォー」と言ってみてください。

なかなか上手くいかないとおもいます。

 

ロックやポップスなどの多くはバックビートと言って1拍目ではなく、2拍目と4拍目にアクセントが

来るリズムです。

バンドの中でもこれは同じでほとんどの場合、2拍目と4拍目が合わなければノリがでません。

なのでメトロノームを使って2拍目と4拍目をしっかり感じる練習です。

 

カウントができるようになったらそのまま先ほど練習したものを合わせて弾いてみてください。

メトロノームと一緒にセッションしている感覚ができてくればもうある程度のリズム感は付いているはずです。

 

正月にでもぜひやってみてください。

かっこいいバンドになるのを信じて!